2009年05月26日

メイク落としの選び方

いくつかのコツを守ってメイク落としをするとお肌にいいようです。

1つ目のメイク落としの選び方のポイントは、肌によく馴染むメイク落としを選ぶことです。

伸びが良いメイク落としも重要なポイントです。

また、洗い上がりにヒリヒリ感や突っ張った感じがなく、すすぎでさらりと落とせることもメイク落とし選びの着目点です。

クレンジング商品の中には、メイク落としと洗顔が兼用の商品がありますが、うまくメイクが洗い落とせないという場合もあります。

適切なスキンケアには、メイクや汚れを顔に残さず洗い終わりたいものです。メイク落としを選ぶ際には価格が気になるところです。

しかし、メーカーによっては広告費やパッケージ代金が商品に乗せられている為、高い価格のものが良いとは限りません。

また、どんなメイクをしているかによってもメイク落としの方法は変わります。

メイクをする際に一番気をつけているポイントは何でしょうか。

トライアルキットや試供品を販売または配布している会社はたくさんありますので、肌につけて使用感をチェックしてみましょう。

いつまでも若々しい肌をキープするには、クレンジング剤ひとつとっても肌質と合致する使いやすいもので毎日のメイク落としをすることが重要です。
posted by makeotosin at 18:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月24日

メイク落としの注意点

日頃からのメイク落としで肌に負荷をかけつづけていくと、将来を見越してのアンチエイジングがうまくいきません。

肌に優しいメイク落としとはどういった手順で行うものでしょう。

基本は、円状に指を肌の上に滑らせることです。

汚れを落とそうと力を入れて肌をゴシゴシ擦ったりすると、デリケートな肌への負担となり、肌荒れの要因となってしまいます。

メイク落としとマッサージを同時に行っている方は注意が必要です。

スキンケアの一環としてマッサージをしている人の中には、メイク落とし時についでにしているという方もいます。

お肌のマッサージに時間をかけると、クレンジング剤が肌の油分を吸収して、お肌を乾燥させてしまうので注意しましょう。

マッサージは専用クリームで行うことが大切です。洗顔時の水温は、33度前後が適温で、お風呂のお湯よりぬるめの温度なので注意しましょう。

顔面温度が33度くらいなので、同じくらいの温度のお湯で顔を洗い流すことで、顔に負担なく皮脂汚れを落とせるようになります。

クレンジング剤では、ジェルかクリーム状のものなら肌への負荷が全くないという、性格ではない知識が出回っているようです。

メイク落とし時にどちらのクレンジング剤を使う場合でも、界面活性剤が配合されている以上はじっくりとクレンジングをしなければなりません。

体質に合わせていいクレンジング剤を使うことが、メイク落としではポイントとなります。
posted by makeotosin at 21:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

メイクの落とし方

メイク落としの仕方 スキンケアのためには、メイク落としも重要です。

油性のメイクは水で流しただけでは除去できませんので、肌荒れを防ぐためにはメイク落としでしっかりメイクを落とさなければなりません。

ポイントメイクのメイク落としをすることが、メイク落としの手順の基本です。目元や唇などに施したポイントメイクを最初に落とします。

コットンを使ってポイントメイクを落とす時はコットンの汚れた部分を再度使わないように気をつけながら、メイク落としを使ってメイクを除去していきます。

次はクレンジングによるメイク落としです。

ポイントメイクをきちんと落とした後、クレンジング剤を手で温めるようにしながら使います。

手のひらのクレンジング剤を顎、頬、額に少しずつつけてから、中指と薬指の腹で円弧を描くように顔じゅうに伸ばします。

クレンジング剤が顔全体に行き渡ったことを確認したら、ティッシュを顔に乗せてしばらく押さえ、拭き取るようにメイク落としをしましょう。

顔の隅だけでなく、まゆや小鼻に落とし残しがないよう気をつけましょう。

洗い流すタイプのクレンジングでもメイクの落とし方は同じです。

拭き取りができたら、ぬるま湯で流します。少しぬるいと感じる程度の湯を用意し、すすぎ残しに気をつけ顔をこすらないようにしながら流していきます。

もし拭き取りタイプのクレンジング剤を使っているなら、濡れコットンなどで拭き取ります。

メイク落としを怠らず、日頃から習慣として行うことによって、将来的な美肌に繋がっていくようです。
posted by makeotosin at 14:52| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。